税理士 豊明市

受取手形の回収を急ぐように税理士事務所から言われて割り引いてお得に

「こういう方法もあるのか…」と目からうろこでしたね。まぁどこでも当てはまるものではないと思いますし、私の会社がやっているビジネス自体がロングスパンで現金を回収するという特徴があるために、受取手形が多いところを見越して、こういうことを提案してきたのでしょうね。

なんの話かというと、契約している税理士事務所でポロッと「節税できたら最高だよね」という話をしていたんです。これは本音ではありますが、まぁ出来るわけないと思っていたのです。しかしそれを税理士が覚えていたのでしょう、私に提案をしてきたのです。

私は節税といえば費用を増やすこと、ということはわかっていました。経費を増やすことによって利益を圧縮すれば、節税は可能です。だから車を買ったりパソコンを買ったり、新しい事務所を作ったりするのがいいのも知っていました。

ただ、ちょっと「こういう方法もあるんだな」と感心したのが受取手形を使った方法だったんです。これは受取手形は私達の業界のように90日120日の現金回収が当たり前の業界ではよく使われます。間に商社が入っていたら支払いは早くなるんですけど、手数料はかなりとられます。

でも直接受取手形をもらっていたとしても、銀行で割り引いてもらうこともできます。こうすると割り引いてもらって9割か8割の現金を手にすることができます。私も現金が必要なときによく使っていた方法でしたが、まさか節税になるとは思いませんでした。

実はこれで割り引いてもらったぶんの手数料というのは、費用になるのです。そうなると、経費として考えられるので利益が圧縮されるというわけです。しかも利益が減って節税になるのに手元の資金が増えるといういい循環が生まれることになります。

税金は段階的に増えていくので、ギリギリ増えないラインを狙って受取手形をうまく割り引いていくことで、現金を多く手元に持ちながら、節税することが出来るようになったのです。さすがに名古屋の税理士です!税理士事務所はプロですから考えることが違いますね。

まぁこれもやり方を間違えると大変なことになるらしいので、プロである税理士に任せてやったほうがいいでしょうね。一人でやったら多分私は逆に税務署に怪しまれそうな気がします(笑)なんでも難しいことはプロに頼むのが一番ですよ。ホントに得していますからね。

豊明市で投資家をやっていたら税務相談は人と話せるから楽しくて好き

私の友達の中には「いいなぁ、投資家って楽そうだな」「家の中にずっといるんだろ?外に行かなくていいからストレスもなくてよさそう」「1億円くらい稼いでるの?」とか、いろいろ言ってくる人がいます。まぁデイトレーダーやっているなんて言うと、そういうふうに思う人は多いんでしょうね。

実際にはデイトレーダーをやっている私みたいなタイプは、1億も稼いでいないですし、楽をしているわけでもないです。家の中にずっといたら鬱憤が貯まって来たりもしますから、そんなに楽な仕事ってわけじゃないと私は思っています。

でも投資家をしていて思うのがホントに人と合わないって言うことなんですよね。デイトレーダーがまだまだ中心なので、どうしてもパソコンと向き合っている時間が長いです。最近は顧問税理士にも「外に出て企業と接触した方がいい」とアドバイスを受けています。

ちなみにデイトレーダーだけをやっていた時には、投資家ではあるけれどもほとんど人と話をしませんでした。唯一月に1回はこうやって税理士と話を出来るのが楽しくて、2時間3時間と拘束してしまったこともありました。結構楽しかったのを覚えています。

たださすがにそれは税理士にも怒られましたし、こうやって企業訪問をした方がいいと言われてからは、企業に投資をするという方法を考えて、ベンチャーや個人事業主などのところを回るようになりました。最初は暇つぶし程度でしたが、面白いところはたくさんあるものです。

最近おもしろいなと思ったんはスマートフォンのアプリを開発しているところですね。投資家としてやっぱり最新の話題には投資したくなります。そこはどちらかと言うとゲームなどよりも実用的なオフィスソフト系を作っているところでした。

最近はこうやっていろんな会社を回る楽しさを知るようになりました。パソコンで文字やグラフだけを見ているよりも断然楽しいですね。何よりも今までは税理士先生だけしか話をしてくれなかったのに、今はいろんな経営者と飲みに行っています。

人脈も広がりますし、投資機会も増えてきてどんどん投資家としての立場が変わって来ました。でも人と話をするのが好きな私にはこれがあっているのかもしれません。税理士はこれがわかって私にアドバイスをしたのかもしれませんが、それなら人を見る目がある人だと思います。

和菓子店を豊明市で継いだ時会計コンサルから経営を教えてもらった

代々伝わってきた豊明市の和菓子点を私が継ぐ事になった。まぁ元々は継ぐつもりなんてなかったんだが、不思議と年を取るごとに責任感というものが出てくるのか、継ぐのが当たり前と思うようになったのだ。これもおとなになるということなのかもしれない。

さて、そんな豊明市の和菓子店を継ぐとはいえ今まではIT系のSEをしていただけで、全く違う仕事をやっていたわけだから、ほとんど和菓子店のことなんてわからない。それ以上に経営についてもわからないのでどうしたものかと考えていた。出てくるアイデアといえばホームページでプロモーションをするくらいだ。

考えても知識も経験もなければ何も出てこないのは当たり前、と思うようになってからは諦めのような気持ちでいた。しかし月末にいつも来ていた若手の税理士むしょスタッフに相談することにしたのだ。和菓子点を継ぐということを。

そうしたらすごく喜んでくれて、もしわからないことがあればなんでも聞いて欲しいというので、和菓子店の経営について教えてもらうことになった。当然税務申告もわからないし帳簿もわからないし、経理もわからないので、そういったことも1から教わることになった。

そこから半年間、私はいろんなことを学んだ。税理士事務所の中で講師をしてくれて、経営を学ぶことになったのだ。親からお金を出してもらっても良かったが、これは自分がと思って税理士の先生に教えてもらったのだ。

それが今になって役に立っていると思っている。堅実に和菓子店の経営ができているのも、あの頃勉強をした部分が大きいだろう。まだまだ製造の方は両親に頼り切りで、修行中ではあるが販売の方は負けないくらいになった。

両親の技術をちゃんと受け継ぐためにも、今後は製造のことも考えて動くつもりだ。製造もおそらくは経営と同じくらい難しいことだとはおもうから、また仕事が終わった後や手が空いている時などにいろいろ教えてもらうつもりだ。

今は両親がいるからいいが、もしいなくなったらということを考えると結婚をしたほうがいいかもしれない。これも税理士の方からアドバイスを受けているのだが、これだけはどうにもならないのだ。今は予定もないし、早く相手を見つけて安定した和菓子店経営をしたいものだ。

豊明市で学習塾のフランチャイズを税務コンサルのプロに薦められた

おそらくどこのベッドタウンも、地域は関係なくなっているだろうなというのが学習塾をやっていて聞く話です。学習塾は小さいものから大きなものまで、色々とあります。地元に密着しているものから全国展開しているところまで、今や飽和状態になっている業界です。

それでもまだまだ利益を出している業界ということもあって、フランチャイズなどは元気です。私も今の会社で学習塾を運営しているのですが、今後フランチャイズにしたほうがいいのか、それとも自前で学習塾を出したほうがいいのか?と悩んでいたのです。

今はそこまで生徒数も多くないですし、新しく出したとしてもそれは豊明市でもなかなか通用するかどうかわからないブランドです。しかし豊明市の誰もが知っている全国ブランドのフランチャイズなら、一気に生徒を囲めるとも考えました。ただ、費用面はかなりネックではありました。

そこで税理士にいつもお世話になっているので聞いてみたところ、フランチャイズを薦められました。今ならまだ豊明市にもないですし、しかも税務的にフランチャイズの方が得をすることも多い、ということでした。税務的な面は考えていなかったので、アドバイスは役立ちました。

結果的にフランチャイズを出す方を選んだのですが、そのために全面的に税理士先生が事務所を上げて、バックアップしてくれることになったのです。例えば銀行からの借入は全て税理士事務所で事業計画などを見てくれて、やりやすいように手助けしてくれました。

また人の募集なども求人広告を扱っているところを紹介してもらうなど、至れり尽くせりのサービスをしてもらったのです。特に私は追加料金を払ったわけではないのですが「儲かって貰うと私もフィーが増えるから」という理由で手伝ってくれたのです。

近々そのフランチャイズの工事も終わって新しく学習塾が出来上がる予定になっています。銀行での資金繰りもうまくいきましたし、税理士事務所がバックアップしてくれているというのは大きな力です。応援されてモチベーションが高くなります。

あとは人を数人雇うだけですが、これも協力してくれたおかげで、面接する人が10人ほど予定に入っています。このフランチャイズがうまく行けば一気に売上が上がります。今年は私の勝負の年になりそうです。

1 2 3 4 5 >